ABOUT | KIJI

ABOUT KIJI

KIJIは「木地師」と呼ばれる職人が手がけるテーブルウェアやインテリア雑貨など、高品質でサスティナブルな生活の道具を取り扱うブランドです。

日本の伝統的な工芸技術で作られたモノが、現代の日常生活や社会の中でもっと身近に、息づいてくれるように。使うほどに愛着が増して丁寧に使いたくなる、モノとライフスタイルを提案します。

KIJIと木地師

KIJIの製品は、木地師と呼ばれる伝統的な工芸技術を継承する職人が手がけています。

木地師とは、どのような職人なのでしょうか。ただ木工に携わる職人というだけに留まらず、森と向き合い、育て、共存する姿勢。木を活かすための技術と心が、そこに息づいているように思います。

木地師のルーツ

木地師の歴史は古く、平安時代前期(9世紀)にまで遡ることができます。当時、近江国蛭谷(滋賀県東近江市)で隠棲していた小野宮惟喬親王が綱引轆轤(ろくろ)を考案し、家臣や周辺の杣工に木工技術を伝授したことがそのルーツとされています。

その後明治時代に至るまでに北陸・中部・東北地方を中心に広く伝わりました。良い木の採れる産地やそれらの木の流通が盛んな地域を移動しながら、その技術も継承されてきたのです。

蛭谷は「木地師発祥の地」とされ、現在も木地師資料館が運営されています。

木地師の仕事

ひとことで言えば、木地師は「木を削って製品の形を作る」ことが仕事です。しかし、実際の仕事はろくろを回すだけではなく、多岐にわたります。

原材料である木を粗挽きしたら、2ヶ月以上かけてゆっくりと乾燥させます。そして乾燥庫から出した木は中挽きを経て、さらに10日間ほどかけて常温に馴染ませます。温められて膨らんだ木を元の大きさにゆっくりと戻す工程です。

こうしてゆっくりと時間をかけて下処理された木を、ろくろと鉋で製品に整形していきます。

実は、ここで使う刃物(鉋)も木地師自身が作っています。鋼の焼入れから整形・研ぎに至るまで、木地師の手によるものです。自分で使う刃物を自分で作ることは、木地師の伝統です。

KIJIの製品を手がける工房では、木地の整形だけでなく、さらに漆による仕上げまで全ての工程をカバーしています。

小林 哲也 Tetsuya Kobayashi
木地師・塗師/小林ロクロ工芸 三代目

1985年生まれ。一般企業でインハウス・デザイナーとして勤務した後、2013年より二代目(父・一雄氏)に師事し、木地師の道へ。

2019年に事故で全治1年の重傷を負い、治療とリハビリを経て2020年に現場復帰。師匠である父の思いを受け継ぎ、創作に邁進している。

「サスティナブル」を、リラックスして考える。

もっと身近、もっとシンプル。

「持続可能な」と訳されることの多いワードですが、国連・ブルントラント委員会の最終報告書によれば、サスティナブル(な開発)とは「将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代のニーズ(欲求)も満たせるような(開発)」と定義されています。

子どもたちやもっと未来の世代が平和で豊かな生活を送れるように、持続可能な地球環境と社会を実現しよう──こう言葉にするとなんだか話が大きくて、ちょっと遠くの話題のようにも聞こえかねないですが、実はもっと身近で、もっとシンプルなことだとKIJIは考えます。

健全で快適なライフスタイルを。

ポイントは、将来の世代も・現在の世代も、というところです。誤解を恐れずに言えば、「将来の世代のために、今の世代は色々とガマンしなくちゃいけないんだ」ということではありません。求められているのは、健全で適切な、そして快適なライフスタイルだと思います。そうじゃないと、一時的な努力はできたとしても、ずっとそんな生活を続けられないですよね。

「サスティナブルな社会の実現のために求められるライフスタイル」それ自体が持続可能であるべきだと、そう思うのです。

KIJIの取り組み

健全で快適なライフスタイルの中で、いかに自然な形でサスティナブルな社会の実現に貢献できるか。その一助になれるよう、KIJIではいくつかの具体的な取り組みを実施しています。

KIJIの製品を購入して使うこと自体が、自動的に環境や社会のためにひと役買うことにつながっている──そんなブランドを目指して、少しずつ工夫と努力を重ねていきます。

木地師が手がける製品

実は、木地師が作る木工芸品はそもそもサスティナブルな側面を持っています。

入手に無理のない原材料を使用し、伝統的な(エネルギー消費の少ない)技術によって加工し、天然木が本来持っている特性を活かし、化学的な処理に頼ることなく天然の漆で仕上げを行う。

原料のムダな廃棄や化石燃料の消費を最小限に抑えた上、製品の寿命そのものを長持ちさせる工夫に富んだ製品であると言えます。

拭き漆による仕上げ

古くは縄文時代から日本人に利用されてきたという漆。活着した漆は熱と湿度に強く、耐摩耗性・耐薬品性に優れ、ガラスにも匹敵する硬度を持つとも言われるとても高性能な素材である一方、「再生可能な資源である」、「エネルギー消費が少ない」、「環境を汚染しない」、「里山が保全される」、「ごみとCO2の削減につながる」という特徴があります。

まさにサスティナブルな素材ですね。KIJI製品の仕上げには天然の漆を使用しています。

漆のお直しサービスの提供

長く使うことで磨り減った漆器は、漆を塗り直すことで生まれ変わります。製品をより長く・より愛着を持ってお使い頂くため、KIJIでは漆のお直しサービス「Re-Urushi」を提供しています。

「傷ついたらポイ」ではなく、メンテナンスしながら一生モノとしてお付き合い頂けると嬉しいです。

再生原料を利用したパッケージ

KIJI製品のパッケージには、牛乳パックの再生紙から作られた紙パッケージ「MILKRAFT」を採用しています(ギフトボックスを除く)。工場や家庭で出た紙などを廃棄せずにリサイクル加工することで、ごみ自体の削減だけでなく、廃棄に必要となるCO2の削減にもつながります。

そのほか、印刷物資材の「古紙リサイクル適性ランクリスト」規格においてランクの低い資材はできる限り使用しないよう調整をしています。

脱・プラスチック

KIJIで取り扱う製品は、その原材料はもちろん、梱包資材にもプラスチック素材を使用しないように心がけています。世界中で問題となっているプラスチックごみの削減に、微力ながら貢献します。